yale-university-1604157_640

農業系の大学として○○大学農学部や私立の農業大学、農業大学校などがあります。どれも似ているので紛らわしいと感じますが、それぞれ全く違います。大学卒業後、就農するのか就職するのかによっても学校の選び方は異なってきます。

それでは、何が違ってくるのかそれぞれの違いについて詳しくみていきます。

大学と大学校の違いを理解する

農業系の学校として農業大学校と農業大学、農学部がありますが、大きく違いがあります。

まず、農業大学校は文部科学省が定めている4年制の大学ではありません。2年間の講義と実習があり、現場で実践に役立つ教育を行っています。特殊専修学校という位置付けになり、大学卒業とはなりません。

どちらかというと農業大学校は、新規就農者が現場の知識をとりいれるためや、農業後継者が学びに行くというイメージです。

他に国による設置として「大学校」と呼ばれるものに、消防大学校、警察大学校、防衛大学校、税務大学校、気象大学校などがあります。

他にも独立行政法人の設置としては水産大学校、海上技術短期大学校、航空大学校、中小企業大学校などがあります。この中で農業大学校は都道府県で運営しているものです。学歴というより、現場ですぐに実践できる能力を磨くというところです

農業大学校とはどのような施設か

私は農業大学校を卒業していますが、現場に重点が置かれていて、農業大学や農学部に比べると実践重視の学校です。大学校とは大学と異なり、農業大学校は教育訓練です。

そのため、脱サラして農業を学ぶ人や新規就農をしたいという人もいます。もちろん農家の後継者も多いですが、非農家の人もいます。

基本的には2年制であり、社会的には短大卒と同程度になりますが、就職先によって捉え方が違います。農学科(水田や畑作)や施設園芸、露地野菜、果樹園芸、畜産(酪農、養豚)、花などに学科が分かれていて、より現場の作業が重視されています。

大学の農学部が研究を重視しているとしたら、農業大学校は現場を重視しているということになります。また、農業大学校は農業後継者の育成を目指しているという意味合いもあります。

卒業後は就農、農業法人への就職、農業関系企業、農協、その他となっています。さらに専門的な知識を得るため研究科というものがあり、さらに2年学習することができます。

農業大学や農学部とは何をする場所なのか

農業大学校に対して、農業大学や大学の農学部は4年制で大卒になります。農業大学校卒とは学歴が異なります。農学部は現場で就農する人向けよりも農学を勉強するところです。現場実習よりも、作物の体形を学んだり、品種改良や農学の研究をしたりするところです。

農学の範囲は広く生物、遺伝子、植物、動物、環境など人間生活に関わる食のすべてのことを学ぶ学問といえます。内容としては農業科学、農業工学、造園、経済、経営、栄養、食品などです。

大学農学部と農業大学校の大きな違いは学費です。農業系大学では国立か私立かによっても違いますが、授業料だけ考えた場合、年間の学費は100万円前後です。一方で農業大学校では年間12万円前後となっています。

また、大きな違いは勉強の度合いもあります。私立や国立の大学は勉強しなければ入れません。一方で農業大学校は、はっきりいって誰でも入学することができます。

就農希望の人は大学校へいくべき

就農し、自らが農業をするのであれば実践が主な農業大学校に行く方がいいです。大学校はもともと農業従事者を育成する学校だからです。一方で食品業界や化学メーカー、製薬、種苗、農薬、肥料メーカーなど就職するのが目的ならば、農業大学や農学部に行くのがいいと思います。

しかし、いずれにせよ学校は通過点に過ぎず卒業してからの経験のほうが大事です。学生と実際に仕事をしている人間では、全く経験も違います。

私は実践の多い農業大学校で学んできましたが、現場に入ると全然違うものでした。農業大学校で学んだ技術は確かに現場の役に立ちますが、実際農業で経営を成り立たせている人からの指導のほうが考え方なども含め、リアルな経営によほど近いからです。

農業大学校では実習やプロジェクト発表、卒論などは調べたり聞いたりして学びました。学生であるため、そこに経営という意識はなくただ目の前にやるべきことや課題をどのようにこなすかだけを考えていました。

ただ、実際の現場で活躍している人は、実際農業で飯を食べているため、真剣さが違うというか、考え方そのものが違うと感じました。技術や経営はもちろんですが、机の上の理論と実際の現場ではまるで違うのです。それほど、机上と現場が異なるのが農業であるといえます。

実習では金を意識することはありません。学校では学ぶだけでいいのですが、実践では「農薬やバイト代などの経費」「時間あたりのコスト」「どのように商品に付加価値をつけるのか」などを含め経営を意識しないといけません。そこが大きな違いかと思います。

また、時間の感覚も大きく違います。実習では時間をそれほど意識しなくてもいいですが、現場となれば話は別です。時間の使い方も大学の実習と実際の現場とは全く異なります。

例えば、技術を学ぶことにしても、学校では時間を気にする必要がありません。学ぶことが目的だからです。しかし、実際の現場では決まった期間に決まった仕事をこなさなければいけません。技術があることは大前提として「それをいかに効率的にこなすのか」「仕事を間に合わせるか」など学校では考えもしなかった「時間の使い方」が当たり前のことだからです。

農業は自分のセンスを最大限に生かせる

農業大学校では現場の実習と座学とがありましたが、やはり実際就農して現場で行うこととは違うことがたくさんありました。農業の場合、自分で仕事をしながら覚えていくことのほうが多いように感じます。

また学校で学んだとしても、実際に農家で飯を食ってきた現場の親や指導者、地域の先輩などから学ぶことが多いです。

ただ、農業をする場合、学歴は全く関係ありません。農業大学、農学部、農業大学校と行かなければならないものではありません。農業を生業として生きていくには農業技術も大事ですが、地域の付き合いや人間関係も大事になってきます。

また、農業技術は家が農家であれば、親がやっていたのであれば学ぶことができます。ただそれよりも経営感覚やセンスの方が大事になってきます。

農業はやり方が変わらないことも多いので、「作った物をどうするか」を考えるのではなく、「何が求められているのか」など時代のニーズをとらえる事が大事になります。

例えば、あるお店でごぼうが販売されていました。ごぼうは長いのでそのままではお客さんが持ち帰りにくく、レジ袋からも飛び出してしまいます。また、レジ袋からごぼうが飛びだしている姿は生活感がありすぎます。

そこで同じごぼうをある程度の長さにカットして袋詰めにすると、そのままの長さでごぼうを販売していたときと比べると倍以上の売上が可能になりました。

つまり同じごぼうでも、何が求められているかを考えることによって売上は変わります。さらにいえばこのときのごぼうをきんぴらごぼうとして加工品にし、おかずとして販売することにより、もともとの同じごぼうでも何十倍の売上を出すことができます。

栽培技術はもちろんですが、マーケティングやブランディングの方が学ぶことが多く感じます。また、より稼ぐ、魅力ある農業をするためにはこうしたマーケット全体を意識する感覚が必須になってきます。これらは、従来の農家はあまり気にしていない分野です。「生産して出荷したら終わり」と考える農家が大多数だからです。

まだまだ改善の余地があるのが農業

農業経営は工夫や改善の余地がたくさんあります。栽培技術に関しては「どうすれば今の面積で利益率を高められるのか」「収量を上げるには何をすればいいか」「病害虫のロスを減らすにはどうすればいいか」「設備投資はどの程度やるべきか」「効率的に作業するには何をすればいいか」などたくさんあります

販売にしても、「もっと利益率を高めるには何をしたらいいのか」「消費者にとって喜ばれる商品とは何なのか」「誰とどうやって組むのか」「今の販売先、出荷先より高く買ってくれるところはないか」「自分で売るのだったらどうやって集客すればいいか」「顧客リストはどうやって集めるか」「信頼関係を構築していくには何をすればいいか」など農業でやれることはたくさんあります。

決まったやり方がないのが農業

農業に限りませんが、ビジネスでは人と人との関係がとても大事になるのでお互いwin-winの関係にならなければ続きません。「私も勝ち(win)あなたも勝つ(win)」ことによる関係がwin-winです。自分にメリットがあり、相手にもメリットがなければいけません。

例えば、「流通の仕組みの中でしわ寄せが農家にいき農家が泣く」というシステムではいけません。持続可能な農業経営をし、生産者が喜び、関係する業者が喜ぶ、消費者も喜ぶというようにビジネスを組まなければいけません。

現在の流通の中では、小売り価格に占める農家の手取りの割合は30~40%となっています。他に出荷団体手数料や卸、小売りマージンがあるからです。青果物は天候状況や豊作、不作など出来高により生産量が変化します。そのため、需要と供給のバランスがあり、そのしわ寄せが農家にいくこともあるのです。

どちらか勝った、どちらか負けたでは結局のところビジネスは続きません。「出荷価格で不当に安く買いたたかれた」「販売の面で品質の悪いものも高く売った」など誰かが損をするビジネスでは長続きしないのです。

直売をするのであれば適正な価格で本当に喜んでもらえるものを提供できなければいけません。「ここでしか買えない」「この農園でしか買えない」など、期待以上の品質と情報を与えることが必要です。適正な価格であっても、農家とお客様がwin-winの関係ならば持続可能な農業経営ができます。

農業では決まったやり方はありません。だからこそ、自分の強みを生かし自分にあった農業をすることが結果的に自由で稼ぐ農家になります。農家は自営業という立場であるため、栽培するだけでなくやれることはたくさんあるのです。

農業系の大学では、農業大学や大学農学部、農業大学校などいろいろあります。どこで学ぶのかは実践を重視するのか、学問を重視するのかによって異なります。また、卒業後の進路によっても異なります。

卒業後、農業従事者として就農するのか、食品業界や各種メーカーなどに就職するのかによって大学の選び方は異なります。現場重視ならば農業大学校、就職することが目的なら大学に行ったほうがいいです。

ただ、いずれにしても卒業後に何を学ぶのかが大切になります。それぞれの大学の違いを理解したうえで、行動することが重要になってきます。