農家はこれまで生産だけを行い、流通や販売はあまり考えずに農業をしてきました。しかし、インターネットが発達した現在では、農家に限らず、あらゆる食品や魚介類など産地直送品がインターネットで販売されています。

これらの食品は、ネット通販ととても相性がいいです。日本におけるネット通販では、アパレル関係の次に売上規模が大きいのが「食品」になっています。

多くの方がネットを通して食品をお取り寄せをしているのです。

ネット通販は、農家、購入者の両者にとって、たくさんのメリットがあります。農家にとっては、ネットを使ってダイレクトに取引することで中間マージンを省くことができます。

お客様の立場では、手軽に新鮮な食材が手に入り、玄関先まで届けてもらえます。このように販売者、消費者ともに大きなメリットがあるのです。

農家は、そもそも生産しているので、こだわりや生産過程での情報がたくさんあります。つまり魅力を伝えやすいのです。他にもリピートされやすいなどたくさんの利点があります。

以下では、農家が栽培した農産物が、なぜネット販売に向くのかについて考えていきましょう。

なぜ農家の作った農産物がネット販売に向くのか

これまでの農家のほとんどは、JA(農協)に出荷するか、直売所に出荷するかのどちらかでした。

農家がネットを使って販売するようになった一番の変化は、「直接お客様の声をメールなどで受け取ることができるため、励みになった」という農家が多いことです。

実際に私も、ただ市場に出荷するだけでは、誰からも反応が返ってこないため、物足りなさを感じていたものです。

自分で販売することで消費者の声を直接聞くことができ、さらにいい物を作ろうと意欲に繋がりました。

もちろんネット販売をすれば、中間マージンがかからないため、利益率は上がります。ただ、それよりも自分で生産したものが喜ばれ、感謝されることのほうが大きなやりがいに繋がったのです。

つまり、自分で栽培した農産物が評価され、必要とされていると感じることが出来るのです。

以下では、産地直送の農産物がネット販売に向く理由について考えていきます。

1. ネット通販は自動化が可能

これまで、農業者が販売を行おうと思っても栽培管理だけで精一杯で、体力的にも生産と販売を行うのは難しいものでした。

農業はとても手間暇がかかる仕事です。繁忙期にはとても忙しくて、収穫作業だけで手がいっぱいになってしまうでしょう。

そのような状態にあっても、農家がネット販売に向く理由がたくさんあるのです。なぜならインターネットは自動化が可能だからです。

一度販売するためのシステムを構築すれば、後は自動で集客でき、その上、販売までできてしまうのです。ネット通販は、リアルな世界では当たり前な「お客様を待つ」という無駄な時間がありません。

農家の仕事は、収穫作業だけでなく袋詰めや後片付け、畑の管理など現場の仕事だけでやることが山積みだと思います。そのため、自動化できるネット環境は農家にとって欠かせないものなのです。

2. 商品自体が、求められる

当然ですが、食べ物を食べないと人間は生きていけません。世の中には、大企業、中小企業、農家など地元の食品を使い、産地直送で通信販売をしている会社がたくさんあります。

食品そのものが求められており、すでに認知されているのです。

例えば通信販売では、サプリメントが多く販売されています。ブルーベリーのサプリメントを例にしてみると、購入者はブルーベリーのサプリメントが欲しくて購入したわけではありません。

ブルーベリーのサプリメントは目にいいとされています。

そのため、サプリメントを使用することで疲れた目が楽になることを期待して、ブルーベリーのサプリメントを購入するのです。極端な話、目薬でもいいし、目が温かくなる「アイマスク」でもいいわけです。

一方で、お客様が梨を食べたいと思ったとき、販売されている梨の中から選ぶことになります。梨が食べたいからといって梨にするかリンゴにするか迷うことは、まずありません。

健康食品であるサプリメントには、いろいろな種類があり、代わりとなる商品がたくさんあります。一方で農産物である梨には、梨を販売している所との競合はありますが、他の商品と競合することはあまりないといえるのです。

3. 生活するうえで、欠かせない

お米や野菜、果物、お肉などは生活に欠かすことができません。人間は食べなければ生きていけないため、最低限必要なものなのです。

そして、食品は食べればなくなってしまいます。そのため、家電製品などと比べるとリピートされる確率が高くなります。

家電製品の場合は、一度購入すると頻繁に買い替える訳ではありません。また、どこで購入しても内容は変わりません。

食品は、一度食べておいしかったら、また食べてみたいと思うのではないでしょうか。一度購入して甘くなくすっぱいみかんは、もう二度と購入したくないと思います。一方で、どのみかんも甘くて美味しいみかんならば、その農家のみかんをまた購入したいと思うはずです。

4. 馴染みがあり、すでに食べたことがある

今では電化製品からチケットの手配やサービス、食品までありとあらゆるものがネットで販売されています。

ネットを使って購入する場合は、購入者は少なからず不安を抱いています。「どのような物が送られてくるのだろうか」と心配になるのです。

その点、農家が産地直送で販売する食べ物は、食品としてすでに知っているためイメージがつきやすいです。

さらに情報をたくさん載せていると安心感が出てきます。お客様は「もしかしたら騙されないだろうか」と疑いながらネットショップのページを見ています。

そのため、一度安心だと分かって信頼関係を結ぶことが出来れば、リピート購入にも繋がりやすくなります。

5. 食品はどのようなものが届くのか想像しやすい

ネット通販では、直接商品を見れません。そのため実際に届くまでは不安になることがあります。例えば、洋服をネットで購入して届いて見てみたら、「思っていたのと違う」「サイズが合わない」「色のイメージが写真と違った」という経験がないでしょうか。

商品が届くまで現物が見れないため、イメージと全然違うことが起きるのです。

その点、農産物が「イメージと違う」ということが起こることは、あまりないと考えられます。

6. 魅力を伝えやすい

農家がネット販売に向く大きな理由の一つが、魅力を伝えやすいことです。商品そのものを自分で作っているため、生産過程のプロセスやこだわりを伝えることができます。

他にも生産物や味の特徴などアピールポイントがたくさんあります。これらの農業生産の過程に、自分の想いやこだわりを加えれば、物語として伝えることができます。

通信販売などでは、よく健康食品が販売されています。健康食品には「薬事法」があり、むやみに効果・効能などの表示・広告を行うことができません。キャッチコピーや商品説明に効果・効能を書いてはいけないのです。

例えば、前述したブルーベリーのサプリメントは、「目にいい」と言われています。しかし、「疲れ目に効く」「目にいい効果がある」などと、表現することはできません。

サプリメントを購入する多くの人の目的は、その効果・効能を期待しています。そのため、健康食品で効果・効能を表示できないということは、最も伝えたいことを伝えにくいということです。

これらの表現に制約のある健康食品に比べると、農産物はホームページなどで情報を伝えることで差別化しやすく、魅力を伝えやすいと言えます。

あなたがぶどうを栽培しているのなら、「ぶどうを栽培しているあなたから買いたい」と思わせることが大切です。

7. リピート購入が期待できる

ネットを活用して宅配をしている産地直送農家は、まだまだ多くありません。ほとんどが、企業が取り扱っている例が多いです。

企業が行う通販は、仕組みが確立されているため、日本全国の美味しい物を産地直送で取り寄せることができます。

一方で、個人の農家であってもネットを使えば、同じような仕組みを作ることができます。ただこのとき、大手と同じようなマネをしては駄目です。

個人の農家が行う戦略は、作り手である自分自身がお客様と関係を築くことです。個人の農家の場合は、小回りがきくため、このような関係が作りやすくなります。

これは、大手には出来ないことです。さらに栽培している作物にすべてを集中させていくのです。なんでもある販売店ではなく、商品に絞った専門店としてより深くしていきます。

農業は、手間暇がかかり、愛情をかけて農産物を生産しているはずです。それらの想いを伝えることによって、あなた自身との信頼関係が構築されていき、リピート購入される確率が高くなっていくのです。

まとめ

農家が栽培している農産物は、ネット通販と相性がいいです。今ではネットを使う環境が幅広く浸透し、身近なものになっています。

そのためお客様は、気軽にネットを使って産地直送のお取り寄せをすることが可能です。

ネットを使って情報を伝えることを意識すれば、魅力を伝えやすくなり、リピートにも繋がりやすくなります。

それだけでなく、現場の作業で忙しい農家にとって営業する必要がなく、集客、販売、代金決済を自動化することができます。

これらのことが農家は、ネット販売に向いていると言える理由なのです。