field-1364773_640

私たちが一般的にスーパーなどで購入する野菜は、通常の栽培方法(農薬や化学肥料を使った栽培)で作られた野菜が主に流通しています。この他にも有機野菜(オーガニック)と呼ばれる価格が一般野菜より高い野菜があります。

有機野菜は、農薬や化学肥料を使っていなかったり少ししか使っていなかったりする栄養価が高い野菜です。また有機野菜は、栽培者のこだわりが強く、作物の安全性を普通の野菜より追求していたりします。

それでは、一般の野菜と有機野菜では何が違うのかについて詳しく見ていきます。

有機野菜と無農薬野菜は何が違うのか

農業には「有機野菜」「無農薬野菜」など何だか分かりにくい用語が多いように思います。これらは、通常の「慣行栽培」である農薬や化学肥料を使った栽培方法とは異なるものです。

「有機野菜」や「無農薬野菜」は、そもそも農薬を使っていなかったり、使っていても必要最低限の決められたものしか使われていなかったりするものです。

「農薬や化学肥料は一切使っていません。」となると、通常の物より良さそうに思うことでしょう。「この人が作りました。」と写真が載せられ、どこで誰が作ったかと記載されていると安心感があるため、間違いないと思われるでしょう。

安心・安全な野菜の選び方

しかし、果たして本当にそうでしょうか。「生産者の写真があるから安心できる」「農薬も肥料も使っていない」となると誰もが信じて疑わないでしょう。

また、そうしたこだわった農作物を買うお客も食に対する意識が高く、「本当にいいものがほしい」と考える方が多いです。

実際に相当な手間ひまをかけて、本当にいい物を作っている篤農家(栽培技術や経営に熱心な先進的な農家)も多いです。

しかし、「有機野菜」「無農薬」といっておきながら、実はおいしくないし安全でないという場合もあります。むしろ、慣行栽培のほうがよほど安全で美味いこともありえるのです。慣行栽培とは、「従来型の農薬、化学肥料を使う農法」です。従来型といっても、流通している大部分の野菜がこちらの農法で作られています。

有機肥料と化学肥料はどちらがいいのか

有機栽培では、堆肥や有機肥料を使った栽培方法になります。この原料は、家畜糞が元になっていることが多いです。適切に処理されたものであればいいですが、そうでないものが大量に出回っていることが多いのです。

適切に処理されていない家畜糞尿が不用意に投入されると、環境汚染になるのです。適切に処理されていないというのは、発酵が進んでいなく未熟な状態のことをいいます。

こうした未熟な堆肥を使うと、微生物が畑にある窒素を奪ってしまい、一時的に「窒素飢餓」という状態をおこす場合もあります。また、発酵が完全に進んでいないため、発酵する過程で出るガスによって作物の根を傷める場合があります。

私は果樹園を経営していますが、未熟な堆肥を使って育てていたら木が弱くなってしまったという話を聞きます。また、ひどい場合は木が枯れてしまいます。このように未熟な堆肥を使う場合は、においが臭い場合が多いです。

こうした理由から、同じ堆肥といっても「完熟堆肥」か「未熟堆肥」かによって畑の状態が異なり、作物の出来にも影響があるのです

堆肥を使った有機農産物でも量と質が大切になる

また、堆肥を入れる量によっても土壌中の環境が異なります。ただ、たくさん肥料を入れればいいという問題ではありません。肥料成分である窒素も適切なら、何も問題ないです。

例えば、人間の体でも食べ過ぎたりして栄養の取りすぎでは生活習慣病やメタボになるのと似ている状態になります。いくら化学肥料を使わなくても、こうした堆肥に含まれる窒素が必要以上に多い作物ならば、健康にいい野菜にはなりません。

場合によっては、必要以上に肥料成分を与えず、化学肥料を適切に使った作物の方がよほど安全で美味しいこともあります

国が定めた制度「有機JAS法」とは

「化学肥料を使わず、有機肥料を使っているから安全」というよりは、「化学肥料でも有機肥料でも適切な状態の物を適切な分量で使う」ことの方が大事です。

農法や情報はたくさんあって紛らわしいですが、国(農林水産省)で決められた有機JAS法という制度があります。確実に有機野菜が食べたいと思うのならこうした表示がされている物を選ぶことが大切になります。

環境にやさしく、食べる人にとっていい作物とは慣行栽培か、有機栽培かという問題ではありません。栽培者それぞれの考え方によるところが多いのです。

実際、よくわからずに栽培している農業者も多いです。下手をすれば、堆肥などやらない方がましという粗悪なものを使っている場合もあるでしょう。こうした名ばかりの有機農産物がたくさん出回っている可能性もあるのが日本の現実です。

畑の状態や農薬の使い方でも細かく分かれる

栽培方法のちがいでも細かく呼び方が違ってきます。肥料や農薬の有無、農薬を使わないならばどんな畑の状態かなど細かく以下のように分かれています。

慣行栽培農産物:農薬と化学肥料を使う。通常の農産物

有機農産物:農薬と化学肥料を3年以上使用しない田畑で栽培されたもの

転換期中有機農産物:農薬と化学肥料を使わず、6カ月以上栽培したもの

これら以外にも特別栽培農産物と呼ばれる農産物に以下のようなものがあります。

1.無農薬栽培農産物:農薬を使用せずに栽培したもの

2.無化学肥料栽培農産物:化学肥料を使用せず栽培したもの

3.減農薬栽培農産物:その地域での使用回数の5割以下で農薬を使って栽培したもの

4.減化学肥料農産物:化学肥料を減らした農産物

これを見てみても非常にわかりにくいかと思います。何が一番いいのかは、個人の考えや栽培方法もまちまちなため、結論を出しにくいです。

安全な農作物を知る方法がある

米について「有機栽培」「名ばかり有機栽培」「慣行栽培」を見分ける実験があります。

その実験では、それぞれの米をコップに入れて水を入れます。そして、ラップで蓋をしてラップに針で穴をあけてそれを腐るまで様子を見ます。腐るということは空気中の腐敗菌が進んで増殖するということになります。

「有機栽培」の場合、腐敗の速度が遅いです。その理由は、腐敗菌が入ってきても、米の中にある微生物と共存するためです。

子供の野菜嫌いには理由がある

「慣行栽培」の場合、農薬などで他の微生物が殺されているので腐敗が早いです。しかし「名ばかりの有機栽培」の場合は、「慣行栽培」の場合より早く腐敗が進むのです。農薬を使っていないのにもかかわらずです。

その原因は、窒素過多です。米の細胞が弱っているために、こうした現象が起こります。ちょうど、肥満児に骨折が多いのと同じで、刺激に対する適応能力を下げるためです。

子供の野菜嫌いが多いのは、変なにがみやえぐみのせいなのですこのえぐみも、窒素過多によって発生する「硝酸態チッソ」という物質が原因になってきます。野菜嫌いの子供が多いのは、子供が本能的に味で違和感を覚えているためかもしれません。

農産物の種類には「慣行栽培」「有機栽培」「無農薬栽培」など栽培の仕方、考え方によって異なります。

作られた野菜のうち、「どれが、美味しいか」「どれが安全か」も堆肥の質や堆肥の使う量などによって異なります。そのなかでも、有機農産物で有機JAS法に基づいていれば農林水産省の認定を受けているため、本物の有機農産物ということになります。

栽培方法や農家それぞれの考え方を知り、農法の違いを知った上で安全な農産物を選ぶことが大切です。